会社概要

商品検索
魚の種類を選ぶ
ジャンルを選ぶ
確かな安心・安全 トレーサビリティ
信頼のブランド TUNA QUEEN
人工孵化養殖本鮪ブランド TUNA PRINCESS

社長のごあいさつ

「水産資源の持続的利用を通じて豊かな社会の実現に努めるとともに、地球環境の維持に貢献し続ける企業を目指す。」

東洋冷蔵は、1971年に水産物の取り扱いをはじめて以来、鮪鰹、エビ、さらに鮭鱒を中心に水産資源の持続的利用を通じての世界規模での事業推進を行ってまいりました。

鮪鰹事業におきましては、事業開始以来、生産者の皆様と一体となり取組みを行ってまいりましたが、鮭鱒・エビ事業におきましても、三菱商事グループが現在推進しております海外での養殖事業展開と手を携え、養殖等生産事業者の皆様との連携をさらに強固に進めております。

また水産資源の価値をいかに創造し高めることができるのか、商品をいかにおいしくお客様の食卓にお届けすることができるのか、という自身に対して強く課しております命題につきましては、「商品開発・製造・保管・物流・販売」に関わる海外または国内全国支社・支店において全従業員による総力を挙げての現場対応力を生かした取り組みを通じて、その実現に日々尽くしております。その中でいかなる事業を進める上でも、食品を扱う企業として「食の安全」に対する責務を常に全ういたします。

東洋冷蔵は、役職員一丸となって皆様の豊かな食文化の向上に努め、同時に水産資源の持続的利用を通じて社会貢献を行う企業を目指しております。さらに自然の恵みである水産資源を事業の礎と位置付け、地球・海への感謝の気持ちを常に持ち続け、地球環境の維持に貢献いたします。

東洋冷蔵株式会社 代表取締役社長 川上泰弘