東冷'S VOICE

営業

見て、触れて、食す。
水産物を扱う醍醐味。

Salmones Humboldt社(出向中) 2011年入社
S.N

 現在は、チリ共和国にあるサーモン養殖会社(Salmones Humboldt社)に出向しており、生産者の立場で日々‘活きた魚・活きた情報’に接しています。仕事内容は、養殖データ分析、加工立会い、そして販売と船積み手配等。商品が日本に届くまでの全ての過程に携わっています。サーモンの養殖事業は非常にアカデミックであり、日々、養殖・加工に関する緻密なデータが送られてきます。それを統計にまとめて販売戦略を組み立てていくなど、想像以上に情報処理能力が問われます。もちろん魚を見る機会もありますが、いくつかの養殖場は、人里離れた大自然の中にあり、小型飛行機、車、ボートに乗り何時間もかかります。初めてその風景を見た時は、‘この大自然が美味しいサーモンを作り出すのか’と感動したのを覚えています。また、現場での会話は全てスペイン語。英語が全く通じないので赴任直後は何も分からず苦労しました。今も勉強の毎日です。

  • やりがいを感じる時

     自分が主体となって企画した製品がコンテナ単位で販売できた時ですね。コンテナ単位というのは、数千万、数億円という規模であり、現地の多くの人々の協力を得ながら一つの商品を作り上げた達成感があります。そして、日本のお客様への納品が決定したという知らせを聞くことがとても嬉しいですね。当社は日系企業で唯一、3種類のサーモンを養殖している会社です。そこに、日本市場を熟知している私達がいるからこそ可能なチャンスがたくさんあります。

  • 東洋冷蔵の魅力

     非常に風通しが良く、自分の意見が言える環境です。社員が何千人もいる会社ではないので、社内のほとんどの人と面識があり、部署間で扱う商材は違ってもお互いの商材について話をすることが多く、みなさん自分の商材に誇りを持っていると感じます。私は商学部出身で水産とは全く関わりのない学生生活を送っていましたが、やはり、自分の目で見て、作って、更に食べることが出来る商品というのは、面白いですね。

  • 就職活動中の学生へのメッセージ

     たくさんの会社説明会に参加されると思いますが、ただ単に説明を聞くだけでなく、社員の方々と会話をすることによって会社の雰囲気が少し分かると思います。それを頼りに、自分を会社に合わせるのではなく、自分の考え方を大切にして就職活動を楽しんで下さい。

東冷'S VOICE

入社1年目
  • 研修中
入社2年目
  • 【営業】営業第4部 A.Y
  • 【営業】営業第6部 S.N
  • 【営業】営業第3部 S.H
入社3年目
  • 【職能】名古屋支店 Y.Y
  • 【営業】開発部 H.H
  • 【営業】営業第2部 T.Y
若手
  • 【職能】CSR K.M
  • 【営業】大阪支店 H.S
  • 【営業】チリ関連会社出向 S.N
中堅
  • 【営業】大阪支店 K.H
  • 【営業】営業第4部 S.T
  • 【職能】総務人事部 A.N
キャリア
  • 【営業】営業第2部 Y.I
  • 【営業】東京支社 A.F
  • 【営業】営業第4部 R.Y