東冷の仕事紹介

“食”を通じて社会に貢献できる企業へ

CSR・環境推進室 K.M

 現在、環境問題は世界的な課題の1つとなっており、資源やエネルギーの持続的な利用に取組み、事業活動に伴う環境負荷や影響を把握することは、企業活動を継続していく上で重要な課題となっています。日本でも環境への取組をCSR(※1)の一環として、本業に、結びつける形で取組んでいる企業が増えてきており、「CSRレポート」や「環境報告書」といった形で公表されています。
 私が所属しているCSR・環境推進室は、このような背景を受けて、2010年に発足しました。全社的な取組推進部署として、環境負荷の把握や環境法令への対応や各部署への指導等を行っています。

 わが社では、2007年よりエコアクション21の認証を取得しています。エコアクション21とは、環境経営の為の仕組みを構築・運用・維持するとともに、環境コミュニケーションを行っている事業者を認証・登録する制度として、環境省が制定したものです。
 わが社は、-50℃以下の超低温冷蔵庫を自社で保有しており、自社工場で製品の製造もおこなっている為、事業活動に伴って消費するエネルギー量が多い企業です。エネルギー高負荷企業であることを自認し、エコアクション21取得以降、環境マネジメントシステムの構築、設備の運用改善、業務の効率化等を推進してきました。エネルギー削減の為の取組が他の部門にも浸透してきており、日常業務の中での意識向上が図れた結果、環境負荷面では、活動開始前の2005年の実績と比較し、エネルギー使用量の削減を達成しています(※2)。
 運用面だけでなく、エネルギー使用量の大部分を占める超低温冷蔵庫の自然冷媒冷凍機への更新や事業所内照明のLED照明への転換、加工場から排出される食品廃棄物の有効活用等、事業活動のあらゆる面で、環境負荷の削減、エネルギーの効率的な利用の為の取組を実施しています。

 「環境への取組」といっても、活動・取組内容は様々で、ステークホルダーに対し、取組の内容を分かりやすく開示・公開していくことも重要な活動の1つです。
 社内でも部署の垣根を超えて、全社レベルで取り組んでいくことが、今後も継続的に環境への取組を行い、活動を推進し、より社会に貢献できる企業である為に、必要不可欠であると考えています。今後も、水産資源の持続的利用や限りある地球資源・エネルギーの有効活用を進め、取組を深化させていきたいです。

※1 CSR(corporate social responsibility):企業の社会的責任
※2 詳細は環境活動レポートに掲載

CONTENTS

安心安全な社内環境構築のために

情報システム部 S.M

鮪を求めて海外へ

営業第三部 J.T

海外駐在!東冷ウーマン

泰MC商事会社出向 S.I

九州地区における鮪販売

福岡支店 M.T

中四国エリアの営業活動

広島支店 A.F

東京支社リニューアル(2017年4月~2019年3月)

東京支社管理課 K.K

世界中の工場へ

品質管理部 N.T

人とのつながりを大切にする仕事

総務人事部総務課 M.S

東北エリアで鮪・鰹の営業活動を行っています

東北支店 A.H

経理の仕事

経理部 N.M

関西におけるマグロの販売について

大阪支店 I.S

空飛ぶサーモン

営業第六部 K.S

就活生への耳より情報

総務人事部人事課 N.I

惣菜営業について

広域商品販売部 A.O

新人海外研修について(タイ「サーモン・エビ・ツナ缶工場」へ)

CSR・環境推進室 M.O

新顔の白身魚~パンガシウス~

営業第五部 H.U

環境を大切にしていますか?

CSR・環境推進室 K.Y

カジキをプロデュース!

カジキ商品部 K.Y

安心・安全な商品を供給することが企業の最低限の使命

品質管理部 K.T

マイナス50℃の世界

冷蔵部 T.Y

宅配業態への営業

CVS惣菜販売部 S.Y

とろける甘さ“天然甘えび”

営業第4部 E.N

たらこ/明太子の製造に携わって

営業第6部 K.H

コンビニチェーンへ水産素材の提案・供給を行っています。

CVS惣菜販売部 S.S

~エビ好きなみなさんのために~

営業第4部 R.Y

北海道“おいしさの宝庫”DEチャレンジ!!

札幌支店 H.S

“食”を通じて社会に貢献できる企業へ

CSR・環境推進室 K.M

良質なタコを求めて、「砂漠の国」モーリタニアへ

営業第5部 K.S

いつまでもマグロを食卓へ届けるために。

営業第3部 H.K

地球の裏側 チリから日本へ

営業第6部からSalmones Humboldt社に出向中 S.N

魚の新しい食べ方に挑み続けます!

営業第2部 I.S

品質の良いマグロを、世界の海から食卓へ。

営業第1部 R.T