東冷'S WORK

TOREI STORY Contents
【19】新人海外研修について(タイ「サーモン・エビ・ツナ缶工場」へ) CSR・環境推進室 M.O
【18】名古屋支店営業担当について(異動経歴も含め) 名古屋支店営業第二課 K.K
【17】新顔の白身魚~パンガシウス~ 営業第五部 H.U
【16】環境を大切にしていますか? CSR・環境推進室 K.Y
【15】カジキをプロデュース! カジキ商品部 K.Y
【14】安心・安全な商品を供給することが企業の最低限の使命 品質管理部 K.T
【13】マイナス50℃の世界 冷蔵部 T.Y
【12】宅配業態への営業 CVS惣菜販売部 S.Y
【11】とろける甘さ“天然甘えび” 営業第4部 E.N
【10】たらこ/明太子の製造に携わって 営業第6部 K.H
【9】コンビニチェーンへ水産素材の提案・供給を行っています。 CVS惣菜販売部 S.S
【8】~エビ好きなみなさんのために~ 営業第4部 R.Y
【7】北海道“おいしさの宝庫”DEチャレンジ!! 札幌支店 H.S
【6】“食”を通じて社会に貢献できる企業へ CSR・環境推進室 K.M
【5】良質なタコを求めて、「砂漠の国」モーリタニアへ 営業第5部 K.S
【4】いつまでもマグロを食卓へ届けるために。 営業第3部 H.K
【3】地球の裏側 チリから日本へ 営業第6部からSalmones Humboldt社に出向中 S.N
【2】魚の新しい食べ方に挑み続けます! 営業第2部 I.S
【1】品質の良いマグロを、世界の海から食卓へ。 営業第1部 R.T

TOREI STORY

魚の新しい食べ方に挑み続けます!
営業第2部 I.S

魚を美味しく食するための新提案に、全力で取り組んでいます。

 新しい取り組みへの背景として、日本の食生活における「魚離れ」傾向があげられます。魚介類と肉類の国民1人1日あたりの摂取量は、2006年には肉類の摂取量が魚介類を上回りその差が拡大しています。

 私が所属する営業2部は、鮪と鰹を扱っております。鮪や鰹と言えば、刺身か炙ってタタキにして「醤油」「酢醤油」で食するという昔からの食べ方が定番でした。

 その鮪や鰹をもっと幅広い食材とし、「魚離れ」を少しでも止めたいと思い、和風にこだわらず、洋風・中華風と色々と食し方を考え始めました。

 ちょうど、出荷先からも醤油以外の食べ方に関する要望も有り、魚の新しい食べ方を提案する商品開発を本格的に始めました。

 私たちは、魚嫌いな方も美味しく食べられるものをめざし、魚の表面を炙るという方法をベースに、数々の味付けを試作。私たち営業が提携工場とアイディアを出し合い、テストキッチンにていくつもの試作品を作り、更に調味料を扱う会社の協力、全国の支店からのアンケート結果によって、本来の魚の旨みをそのままに、いつもの鮪や鰹にひと手間加えた自信作がついに完成しました! (私たち営業が自らお客様の声を聞き、自分たちで試作品を作れるのが醍醐味です)

 そして、女性の「たくさんの味を少しずつ食べたい」「サラダに入れて食べたい」という声から、“ハーブ&オリーブ味”が誕生。さらに“ガーリックペッパー風味”や“ゴマネギレモン味”などの、味の調整に苦労しながらも、魚をおいしく食べていただくための新しい一歩を踏み出しました。

新しい味は、若い世代にも大好評!

 食事会などでは、魚より肉を選ぶ傾向にある母校の学生たちも、新しく生まれた魚の食べ方には大満足してくれました。

 私たちは、鮪等を買い付けるだけでは無く、どのように美味しく召し上がって頂けるかを常に考えながら仕事をしております。今後も、既存の枠に捉われない自由な発想とのバランスを見極めつつ、ご家庭の食卓やレストラン、お酒の場など、様々な場所で美味しく召し上がっていただける食べ方も一緒に提案し続けます。