東冷'S WORK

TOREI STORY Contents
【18】環境を大切にしていますか? CSR・環境推進室 K.Y
【17】カジキをプロデュース! カジキ商品部 K.Y
【16】安心・安全な商品を供給することが企業の最低限の使命 品質管理部 K.T
【15】マイナス50℃の世界 冷蔵部 T.Y
【14】宅配業態への営業 CVS惣菜販売部 S.Y
【13】とろける甘さ“天然甘えび” 営業第4部 E.N
【12】たらこ/明太子の製造に携わって 営業第6部 K.H
【11】コンビニチェーンへ水産素材の提案・供給を行っています。 CVS惣菜販売部 S.S
【10】~エビ好きなみなさんのために~ 営業第4部 R.Y
【9】北海道“おいしさの宝庫”DEチャレンジ!! 札幌支店 H.S
【8】新人研修レポート(タイ水産加工場・エビ孵化場見学) 2014年入社 R.H
【7】“食”を通じて社会に貢献できる企業へ CSR・環境推進室 K.M
【6】良質なタコを求めて、「砂漠の国」モーリタニアへ 営業第5部 K.S
【5】新人研修レポート(オーストラリア蓄養マグロ) 2014年入社 R.A
【4】いつまでもマグロを食卓へ届けるために。 営業第3部 H.K
【3】地球の裏側 チリから日本へ 営業第6部からSalmones Humboldt社に出向中 S.N
【2】魚の新しい食べ方に挑み続けます! 営業第2部 I.S
【1】品質の良いマグロを、世界の海から食卓へ。 営業第1部 R.T

TOREI STORY

地球の裏側 チリから日本へ
営業第6部からSalmones Humboldt社に出向中 S.N

みなさま、こんにちは!突然ですが、サケを食べていますか?
お寿司のサーモン、塩焼のサケ、サーモンのマリネ、石狩鍋のサケ、と身近な食べ物ですよね!
さて、サケの産地はどこをイメージしますか? 北海道? 北欧でしょうか?
実は、現在日本で消費される7割以上のサケは南米、チリ共和国より輸入している養殖魚なのです! チリでは鮭鱒養殖業が発展しており、年間生産量70万トンとノルウェーに次ぐ世界第2位の生産量を誇ります。

私は鮭鱒を取り扱う部署に入り営業3年半の若手です。今年の1月よりSalmones Humboldt社へ出向しています。それまでは営業第6部で鮭鱒の‘買付け’と‘販売’を行っていました。

6部の時の仕事をお話しします。先ず買付けは、世界中にある三菱商事グループのネットワークを活用し、生産状況や価格情報をタイムリーにチェックしタイミングを見極めて買付けします。実際に現地生産者と面談して魚の成長具合や生産予定を直接聞くこともあります。入社2年目で初めてチリに出張し養殖会社の加工場をいくつか訪問したのですが、一つ一つの工場がとても遠く、車で片道6時間かかる場所や舗装されていない道路を何時間も移動したりと大変でした。 チリは全長4300kmもあり幅は平均175kmと非常に細長い国であり、 さらに、養殖場や加工場は、南緯40度以南のフィヨルドにより水深が深く、年平均気温が5~15℃と寒い地域に多くあります。 この大自然の綺麗な水や空気、冷涼な気候が高品質で鮮度が良い美味しいサーモンを育てるのに最適な環境なのだろうと納得しました。 私も初めて知ったときは驚いたのですが、サケの養殖には2年の歳月がかかり、さらにチリから日本への搬入に約2ヶ月間もかかります! もし商品が欠品してもすぐに持ってくることはできないですし、買付けから販売までの期間が長いので計画を立てるのに色々と苦労します。 逆に、予想が当たり良い買付けができたり、お客様に今後の展望を説明し納得して買ってもらえたりという時は楽しさを感じますね。

販売は午前中に集中し注文の電話がジャンジャン鳴り響きお祭り騒ぎ。午後は商品の品質をチェックしに港近くにある冷蔵庫に行くことが多いです。
そこでは買付けした輸入品を‘検品’するのですが、この‘検品’こそ水産物を取り扱う仕事において一番基本的であり、重要な仕事だと私は思います。ウロコの状態、身色の濃さや脂は乗り具合から『値段に見合った品質か。。どのように販売していくか。。』などを考えます。

この経験と更に深く勉強することを目的として今年の1月よりチリ共和国のSalmones Humboldt社へ出向しています。サーモンの養殖事業の現場で幅広く勉強しております。詳しくは東冷'S VOICEを読んでください。日本に戻ったら、チリでの養殖現場を知っているという武器をフルに使って営業していきたいと思っております。

近年、欧米を中心に健康食ブームにより魚の需要が高くなっており、その中でもサケを使ったスモークサーモンやサーモンステーキが人気となっています。
世界的に需要が高まるなか、さらに天然物の漁獲減少もあり世界的にサケの価格は上昇しています。日本古来からの生食や塩蔵の文化が根付いているなか、これからもおいしく、子供からお年寄りまで大好きなサケが身近な存在であるように、日々頑張ります!