東冷'S WORK

TOREI STORY Contents
【19】新人海外研修について(タイ「サーモン・エビ・ツナ缶工場」へ) CSR・環境推進室 M.O
【18】名古屋支店営業担当について(異動経歴も含め) 名古屋支店営業第二課 K.K
【17】新顔の白身魚~パンガシウス~ 営業第五部 H.U
【16】環境を大切にしていますか? CSR・環境推進室 K.Y
【15】カジキをプロデュース! カジキ商品部 K.Y
【14】安心・安全な商品を供給することが企業の最低限の使命 品質管理部 K.T
【13】マイナス50℃の世界 冷蔵部 T.Y
【12】宅配業態への営業 CVS惣菜販売部 S.Y
【11】とろける甘さ“天然甘えび” 営業第4部 E.N
【10】たらこ/明太子の製造に携わって 営業第6部 K.H
【9】コンビニチェーンへ水産素材の提案・供給を行っています。 CVS惣菜販売部 S.S
【8】~エビ好きなみなさんのために~ 営業第4部 R.Y
【7】北海道“おいしさの宝庫”DEチャレンジ!! 札幌支店 H.S
【6】“食”を通じて社会に貢献できる企業へ CSR・環境推進室 K.M
【5】良質なタコを求めて、「砂漠の国」モーリタニアへ 営業第5部 K.S
【4】いつまでもマグロを食卓へ届けるために。 営業第3部 H.K
【3】地球の裏側 チリから日本へ 営業第6部からSalmones Humboldt社に出向中 S.N
【2】魚の新しい食べ方に挑み続けます! 営業第2部 I.S
【1】品質の良いマグロを、世界の海から食卓へ。 営業第1部 R.T

TOREI STORY

いつまでもマグロを食卓へ届けるために。
営業第3部 H.K

TUNA QUEEN

 養殖魚と言えば現在は、マダイを始め、ハマチ、トラフグ、ヒラメと私たちの身近な所で沢山消費されております。そして鮪もその一つとして人気の商品になっています。

 私は入社4年目の春にわが社で初めての養殖鮪事業であったオーストラリア養殖インド鮪事業に携わらせてもらいました。鮪の場合は、ある程度のサイズに育っている魚をまき網船で巻いた後、生簀に移して3カ月~5ヶ月間給餌をしてトロを多く含んだ鮪に育てる、いわゆる「蓄養」と言われるものです。その後、同じような事業を地中海、メキシコでも展開して行き養殖鮪のノウハウを着実に積んでいきました。

 そして2008年には国産養殖本鮪事業も開始する事となりました。国産養殖本鮪事業は、300gから1kg程度の幼魚を漁師さんに1本、1本釣ってもらいそれを生簀に入れて約3年間給餌作業を行い出荷レベルのサイズにまで育てる事業です。

 これら国内外の天然種苗由来の養殖マグロを「TUNA QUEEN」ブランドとして、これまでお客様に浸透してもらって来ております。

TUNA PRINCESS

 ふ化したばかりの鮪の稚魚を御存じですか? まるでメダカを見ているようです。

 これがまさかあの大きな魚である本鮪とは想像もつきません。

 近年、人工ふ化鮪と言われる人工的にふ化された稚魚の中間育成から成魚までの飼育を行う事業も進めてまいりました。天然種苗鮪に頼らない人工種苗由来の鮪を扱うことにより、資源に優しい継続性のある、安全安心で安定供給が可能な養殖鮪を作り上げることで、今までの天然種苗由来のものとは一線を画した商品を作ろうと強い意志のもと進めました。

 近畿大学や長崎水産試験場が沖の生簀で採取した卵を陸上施設でふ化させ、その稚魚の供給を受け出荷レベルまで育て出荷しております。育てている場所は、長崎県五島と和歌山県串本。

 その稚魚に丁寧に餌を与えて出荷サイズである30~50kgまで育て出荷、販売しております。2010年より開始したこの事業も2013年に入りやっと出荷レベルのサイズにまで育ってきてくれました。

 この卵から育てられた、天然資源に依存しない人工ふ化養殖本鮪を新たなブランドとして「TUNA PRINCESS」と名付けました。約3年間丁寧に飼育されたマグロは30~50kgにまで成長します。2013年に初出荷が行われ現在も順調に飼育販売をしております。

 そして「ツナプリ」と言えば、「東洋冷蔵の人工ふ化鮪」と皆さんに愛されるブランドに育てて行くようこれからも頑張って行きたいと思います。

なぜ今「TUNA PRINCESS」なのか?

 今までの国産養殖本マグロはその殆どが天然の幼魚を捕獲して育てています。しかしながら、天然種苗はその年の漁獲の善し悪しにより数量も不安定でした。

 そこで私たちは卵からふ化させた人工ふ化養殖本マグロを、天然資源に頼ることなく、継続的な商品として取り扱いを開始致しました。

 お客様からは、生まれたところから出荷されるまで全て管理された安全安心な魚として高い評価を頂いております。

 私たちは「TUNA PRINCESSブランド」を今後も進化させてゆきます。