東冷'S WORK

TOREI STORY Contents
【17】カジキをプロデュース! カジキ商品部 K.Y
【16】安心・安全な商品を供給することが企業の最低限の使命 品質管理部 K.T
【15】マイナス50℃の世界 冷蔵部 T.Y
【14】宅配業態への営業 CVS惣菜販売部 S.Y
【13】とろける甘さ“天然甘えび” 営業第4部 E.N
【12】たらこ/明太子の製造に携わって 営業第6部 K.H
【11】コンビニチェーンへ水産素材の提案・供給を行っています。 CVS惣菜販売部 S.S
【10】~エビ好きなみなさんのために~ 営業第4部 R.Y
【9】北海道“おいしさの宝庫”DEチャレンジ!! 札幌支店 H.S
【8】新人研修レポート(タイ水産加工場・エビ孵化場見学) 2014年入社 R.H
【7】“食”を通じて社会に貢献できる企業へ CSR・環境推進室 K.M
【6】良質なタコを求めて、「砂漠の国」モーリタニアへ 営業第5部 K.S
【5】新人研修レポート(オーストラリア蓄養マグロ) 2014年入社 R.A
【4】いつまでもマグロを食卓へ届けるために。 営業第3部 H.K
【3】地球の裏側 チリから日本へ 営業第6部からSalmones Humboldt社に出向中 S.N
【2】魚の新しい食べ方に挑み続けます! 営業第2部 I.S
【1】品質の良いマグロを、世界の海から食卓へ。 営業第1部 R.T

TOREI STORY

【10】~エビ好きなみなさんのために~
営業第4部 R.Y

 私の所属する営業第4部は海老の海外での製造・加工から日本への輸入・販売に携わる一連の業務を担当しております。今回は海老の養殖事業についてお話し致します。

みなさんはお寿司、天ぷら、エビフライと、何かにつけてエビを食べる機会が多いと思います。日本人の好きな魚介類ランキングでも、必ず上位にのぼるほど、日本人はエビ好き。
日本への輸入されたエビを日本の人口で割った場合、実に国民1人当たり年間でなんと1.5kg計算になります。
ただ、近年、世界的な需要拡大や東南アジア各国にて‘Early Mortality Syndrome’(通称EMS)という病気がエビに発生し、大幅な減産を余儀なくされるなど、最近では「日本でエビが食べれなくなる?」という深刻なエビ不足が話題になっていることはみなさんもご存知と思います。

特に寿司ネタやえびフライといった加工品の主力生産拠点であったタイではこのEMSによる被害が大きく、2012年に55万トンもあったエビが2013年には27万トン、2014年には予想ですが18万トンにまで減り、わずか2年間で70%もの減産になってしまいました。

そこで私たちは現状手がけているタイ王国でのエビ養殖だけでなく、比較的にEMSの被害が少ないベトナムにおいて、えび加工品の生産を2013年度から本格的に着手し、我社から社員も駐在させて毎日加工場の現場で、厳しく品質を管理して生産を行っています。

また、タイ、ベトナムそれぞれの国において、一緒に養殖事業を行っているパートナーと取り組み、皆さんに食べていただくエビを安定的に生産すべくチャレンジを開始しました。

いかにして丈夫で健康な親エビを見つけるか、どんな餌がエビにとって栄養があるのか、エビが元気に育つように、池の中の水をどうやったらきれいに維持出来るか、いろいろ課題がありますが養殖事業の成功に向け、一歩一歩着実に取り組んでいきます。