東冷'S WORK

TOREI STORY Contents
【18】環境を大切にしていますか? CSR・環境推進室 K.Y
【17】カジキをプロデュース! カジキ商品部 K.Y
【16】安心・安全な商品を供給することが企業の最低限の使命 品質管理部 K.T
【15】マイナス50℃の世界 冷蔵部 T.Y
【14】宅配業態への営業 CVS惣菜販売部 S.Y
【13】とろける甘さ“天然甘えび” 営業第4部 E.N
【12】たらこ/明太子の製造に携わって 営業第6部 K.H
【11】コンビニチェーンへ水産素材の提案・供給を行っています。 CVS惣菜販売部 S.S
【10】~エビ好きなみなさんのために~ 営業第4部 R.Y
【9】北海道“おいしさの宝庫”DEチャレンジ!! 札幌支店 H.S
【8】新人研修レポート(タイ水産加工場・エビ孵化場見学) 2014年入社 R.H
【7】“食”を通じて社会に貢献できる企業へ CSR・環境推進室 K.M
【6】良質なタコを求めて、「砂漠の国」モーリタニアへ 営業第5部 K.S
【5】新人研修レポート(オーストラリア蓄養マグロ) 2014年入社 R.A
【4】いつまでもマグロを食卓へ届けるために。 営業第3部 H.K
【3】地球の裏側 チリから日本へ 営業第6部からSalmones Humboldt社に出向中 S.N
【2】魚の新しい食べ方に挑み続けます! 営業第2部 I.S
【1】品質の良いマグロを、世界の海から食卓へ。 営業第1部 R.T

TOREI STORY

【14】宅配業態への営業
CVS惣菜販売部 S.Y

 宅配業態と聞くと皆さんは恐らく「宅配ピザ」や「宅配寿司」などをイメージされるかも知れませんが、近年、市場規模が特に伸びているのが「コンビニ・ネットスーパー宅配」や「お弁当宅配」、「生協宅配」です。そうした背景には、長びく不況から食費を抑える為に自宅で料理をする家庭が増えている事や、働く女性の増加・高齢化に伴い、自宅まで商品を届けてくれるという利便性に需要が高まり、各企業で注目されております。

 この中で私が現在営業を行っているメインの業態が「生協宅配」です。皆さんのお宅でも利用されている方がいらっしゃるかも知れませんが、週に1度、商品が掲載されたチラシが届き、注文後の翌週に商品を届けてくれるという業態です。

 生協宅配の営業で最も大切な事が、商品の規格と特徴を考え、いかに魅力的な商品であるかバイヤーとの商談で提案する事です。生協宅配は、店舗で商品を購入するのとは違い、実際の商品が手にとれません。その為、商品の良さ・謳い文句を文章にし、伝える事が重要となります。

 例えば、新商品のえびフライを提案する際には、

  • 1. 想定する購買層や価格帯を考え、1パック何尾入りにするのか、また売れている商品の情報を集めたりバイヤーからの情報を元にどんな商品なら売れるか分析をする。
  • 2. 1.で得た情報を元に、商品本部(買付部署)と打合せをする。また、どの産地のどんなえびが良いか、原料・副原料の特徴などを打合せし、商品設計を立てる。
  • 3. 現地(えびフライの場合、タイもしくはベトナムが主)でサンプルを作ってもらい、バイヤーへ提案を重ねる。
  • 4. 見事、採用決定! 販売開始時期・数量を取決め、商品本部と生産~国内搬入までのスケジュールを打合せする。またチラシに掲載されるキャッチコピー・商品説明を考え、調理画像の撮影をする。

 このような流れで、1つの商品を採用まで導く事が、生協宅配への仕事になります。

 当然、改良に改良を重ね、1つの商品を決めるまでに手間と時間はかかります。しかし、自分が手がけ、「この商品なら売れる!」と自信を持って提案した商品が実際にチラシに掲載され、予定通りに注文が来たときには大きなやりがいを感じます。