東冷'S WORK

TOREI STORY Contents
【17】カジキをプロデュース! カジキ商品部 K.Y
【16】安心・安全な商品を供給することが企業の最低限の使命 品質管理部 K.T
【15】マイナス50℃の世界 冷蔵部 T.Y
【14】宅配業態への営業 CVS惣菜販売部 S.Y
【13】とろける甘さ“天然甘えび” 営業第4部 E.N
【12】たらこ/明太子の製造に携わって 営業第6部 K.H
【11】コンビニチェーンへ水産素材の提案・供給を行っています。 CVS惣菜販売部 S.S
【10】~エビ好きなみなさんのために~ 営業第4部 R.Y
【9】北海道“おいしさの宝庫”DEチャレンジ!! 札幌支店 H.S
【8】新人研修レポート(タイ水産加工場・エビ孵化場見学) 2014年入社 R.H
【7】“食”を通じて社会に貢献できる企業へ CSR・環境推進室 K.M
【6】良質なタコを求めて、「砂漠の国」モーリタニアへ 営業第5部 K.S
【5】新人研修レポート(オーストラリア蓄養マグロ) 2014年入社 R.A
【4】いつまでもマグロを食卓へ届けるために。 営業第3部 H.K
【3】地球の裏側 チリから日本へ 営業第6部からSalmones Humboldt社に出向中 S.N
【2】魚の新しい食べ方に挑み続けます! 営業第2部 I.S
【1】品質の良いマグロを、世界の海から食卓へ。 営業第1部 R.T

TOREI STORY

【17】カジキをプロデュース!
カジキ商品部 K.Y

 皆様、こんにちは。今回は私が所属するカジキ商品部についてお話します。
カジキ商品部は大型遠洋冷凍マグロ延縄漁船の一船買い事業の中で、マグロ類以外に混獲されるカジキと、業界では“雑魚”と呼ばれている魚種を扱っている部署です。
 カジキと言っても種類があり、メカジキ・マカジキ・クロカジキ・シロカジキ・バショウカジキ・フウライカジキの6種類です。ご存知の方も多いとは思いますが、よくいわれる「カジキマグロ」という魚は無く、カジキ全般に対する俗称です。雑魚の中にはあまり聞きなれない名前もあると思いますが、マンダイ・沖サワラ・サメ類・ガストロ・シイラ等の魚です。

 私はカジキを扱っている期間が一番長く非常に思い入れがあります。
 今までの仕事経験の中で大変かつ思い入れがあるエピソードとしては、販売魚種のマンダイやガストロという魚は馴染みがなく、どんな魚なのか名前からは想像できません。消費者の方にとって未知の魚を販促シールやポップを活用して紹介し、全国を回って試食販売した事が懐かしく感じます。
 欧米では以前よりメカジキをステーキ感覚で食されていますが、昨今の健康ブームと相まって世界的にも人気の魚種となってきています。主力魚種のメカジキは寿司ネタ等の生食も美味ですが、一般的には加熱向けが多く流通しています。冷めても比較的固くならない身質であり、また小骨がない事から赤ちゃんの離乳食から始まり、学校給食、働く世代、高齢者まで人気のある魚です。調理用途が多いので提案の幅が広く可能性がある商品だと思っています。私もこの変遷を体に感じ、これからの調理用途の可能性を大きく感じており、常に商品開発を念頭において仕事に邁進しています。

 業務内容も仕入から開発、加工、販売まで一連の流れを組み立てることができ、非常にやりがいのある仕事です。今までの経験と知識を生かし、トレーサビリティを含めた安心・安全な商品作りと時代のニーズに対応した提案を行うことで、食を通じて社会の発展に貢献していきたいと思います。