東冷'S WORK

TOREI STORY Contents
【26】人とのつながりを大切にする仕事 総務人事部総務課 M.S
【25】東北エリアで鮪・鰹の営業活動を行っています 東北支店 A.H
【24】経理の仕事 経理部 N.M
【23】関西におけるマグロの販売について 大阪支店 I.S
【22】空飛ぶサーモン 営業第六部 K.S
【21】就活生への耳より情報 総務人事部人事課 N.I
【20】惣菜営業について 広域商品販売部 A.O
【19】新人海外研修について(タイ「サーモン・エビ・ツナ缶工場」へ) CSR・環境推進室 M.O
【18】名古屋支店営業担当について(異動経歴も含め) 名古屋支店営業第二課 K.K
【17】新顔の白身魚~パンガシウス~ 営業第五部 H.U
【16】環境を大切にしていますか? CSR・環境推進室 K.Y
【15】カジキをプロデュース! カジキ商品部 K.Y
【14】安心・安全な商品を供給することが企業の最低限の使命 品質管理部 K.T
【13】マイナス50℃の世界 冷蔵部 T.Y
【12】宅配業態への営業 CVS惣菜販売部 S.Y
【11】とろける甘さ“天然甘えび” 営業第4部 E.N
【10】たらこ/明太子の製造に携わって 営業第6部 K.H
【9】コンビニチェーンへ水産素材の提案・供給を行っています。 CVS惣菜販売部 S.S
【8】~エビ好きなみなさんのために~ 営業第4部 R.Y
【7】北海道“おいしさの宝庫”DEチャレンジ!! 札幌支店 H.S
【6】“食”を通じて社会に貢献できる企業へ CSR・環境推進室 K.M
【5】良質なタコを求めて、「砂漠の国」モーリタニアへ 営業第5部 K.S
【4】いつまでもマグロを食卓へ届けるために。 営業第3部 H.K
【3】地球の裏側 チリから日本へ 営業第6部からSalmones Humboldt社に出向中 S.N
【2】魚の新しい食べ方に挑み続けます! 営業第2部 I.S
【1】品質の良いマグロを、世界の海から食卓へ。 営業第1部 R.T

TOREI STORY

関西におけるマグロの販売についてタイトルイメージ

関西におけるマグロの販売について

大阪支店I.S

皆さんこんにちは。大阪支店でマグロ・カツオ商材の営業を担当しているI・Sです。

私は2015年4月より大阪支店に異動となり、消費者の立場に近いところでの仕事をしています。大阪支店に来て4年目となった今年は市場関係・量販店・外食業態・宅配業態と色々な担当先に営業活動をしております。

具体的な仕事内容とは

市場関係

中央卸売市場には沢山の魚だけでなく人も集まってきます。セリ人はもちろん、仲買人や買出しに来たバイヤーさんと市況や売れ筋商品等々色んな話をして情報を取る場所としています。もちろん、情報を取るだけでなく、色々な商品を売り込んで卸売市場の機能に合せた販売を心掛けています。

量販店

翌月、翌々月の企画、広告商品の提案やバイヤーの求める規格や価格について交渉を重ねていきます。またバイヤーと一緒にテストキッチンに入って商品を作る事もあります。量販店の売り場に自分の提案したマグロがいかに並ぶか、これが一番のカギとなります。

外食業態

中長期的なグランドメニューや期間限定のフェアメニューの提案を行います。マグロを使用した料理を提案するといった原料での提案が主となっています。原料の特性や規格をメニューごとに変えた提案を行っています。

宅配業態

3か月先、6か月先の商品を商談していきます。商品の規格と特徴を考え、いかに魅力的な商品であるかバイヤーとの商談で提案します。宅配業態では紙面で見る商品がすべてなので、いかに売れる商品を提案できるか、そのためには商品の良さ・謳い文句を文章にし、伝える事が重要となります。

社内業務

本部から仕入れたバチ・キハダを主に加工計画を組んでいます。製品の販売・在庫状況、相場変動による需要変化等を敏感に捉えて加工計画に反映していきます。日々、加工課と連絡を取り合い、加工⇒販売が滞らないよう加工課と営業課のつなぎ役となっています。

マグロの営業は他と何が違うのか?

マグロの営業の醍醐味は何と言ってもその自由度が高い(自分で商品を作れる)ことです。マグロの種類、部位等の様々な特徴から売り先に応じた原料を考え、商品の規格を考えます。マグロを短冊にしたり、巻き寿司用に棒状にマグロ芯を切ったり、寿司ネタスライスを作ったり、同じマグロでも色々な形の商品になります。
また、販売先のトレンドや客層に合わせた商品、季節に合わせた商品を考える事もあります。自分が「売れる!」と思って規格を作り、提案した商品がバイヤーに採用され、実際に売れた時はやりがいを感じます。
また、マグロの解体ショー等での店頭販売をした際にはもっとも消費者に近づけるいい機会です。関西のパワフルなお客さんに圧倒される事もありますが、「マグロを売っている」と一番実感できる仕事です。
また最近ではお客さんから「簡便性」「効率性」を求める声をよく聞きます。まな板の汚れないマグロお造りセットなど、食材から食品の提案へと変わっています。

大阪支店はどんなところ?

私の所属する大阪支店は全国に8ヶ所ある支社・支店の一つであり、関西空港の近くに事務所・加工場・超低温冷蔵庫を併設している支店です。従業員は100名を超え、とてもフレンドリーな従業員が多いです。
仕事終わりには気の合う仲間とゴルフのナイターコースに出向いたり、冬にはウィンタースポーツに興じたりします。去年は80名を超える従業員とそのご家族でバーベキューを行いました。
仕事以外でも色々な話をします。単身で未踏の地、大阪に赴任した私にとって、とてもアットホームな支店だと思いました。 転勤は大変な事も多いですが、別れの数だけ出逢いもあり仲間ができます。全国の「仲間たちとマグロを売る」これが私の仕事です。