東冷'S WORK

TOREI STORY Contents
【27】世界中の工場へ 品質管理部 N.T
【26】人とのつながりを大切にする仕事 総務人事部総務課 M.S
【25】東北エリアで鮪・鰹の営業活動を行っています 東北支店 A.H
【24】経理の仕事 経理部 N.M
【23】関西におけるマグロの販売について 大阪支店 I.S
【22】空飛ぶサーモン 営業第六部 K.S
【21】就活生への耳より情報 総務人事部人事課 N.I
【20】惣菜営業について 広域商品販売部 A.O
【19】新人海外研修について(タイ「サーモン・エビ・ツナ缶工場」へ) CSR・環境推進室 M.O
【18】名古屋支店営業担当について(異動経歴も含め) 名古屋支店営業第二課 K.K
【17】新顔の白身魚~パンガシウス~ 営業第五部 H.U
【16】環境を大切にしていますか? CSR・環境推進室 K.Y
【15】カジキをプロデュース! カジキ商品部 K.Y
【14】安心・安全な商品を供給することが企業の最低限の使命 品質管理部 K.T
【13】マイナス50℃の世界 冷蔵部 T.Y
【12】宅配業態への営業 CVS惣菜販売部 S.Y
【11】とろける甘さ“天然甘えび” 営業第4部 E.N
【10】たらこ/明太子の製造に携わって 営業第6部 K.H
【9】コンビニチェーンへ水産素材の提案・供給を行っています。 CVS惣菜販売部 S.S
【8】~エビ好きなみなさんのために~ 営業第4部 R.Y
【7】北海道“おいしさの宝庫”DEチャレンジ!! 札幌支店 H.S
【6】“食”を通じて社会に貢献できる企業へ CSR・環境推進室 K.M
【5】良質なタコを求めて、「砂漠の国」モーリタニアへ 営業第5部 K.S
【4】いつまでもマグロを食卓へ届けるために。 営業第3部 H.K
【3】地球の裏側 チリから日本へ 営業第6部からSalmones Humboldt社に出向中 S.N
【2】魚の新しい食べ方に挑み続けます! 営業第2部 I.S
【1】品質の良いマグロを、世界の海から食卓へ。 営業第1部 R.T

TOREI STORY

タイトルイメージ

世界中の工場へ

品質管理部N.T

 東洋冷蔵で扱っている水産物はマグロ、カツオ、カジキ、サーモン、エビ、サバ、助子、ホタテ、タコ、イカ、パンガシウス等と様々です。お客様に商品を安定して供給するため、国内外にたくさんの生産委託工場があります。どの工場も水産物加工のプロであり、普段の管理は各工場にお任せしていますが、品質管理部では年間スケジュールを立てて全ての生産委託工場を手分けして訪問し、商品の生産工程が適切に管理されているか確認を行うための工場監査を行っています。食品メーカーの品質管理部門というと工場で微生物検査をしているイメージがあると思いますが、東洋冷蔵の品質管理部は国内・海外問わず出張の機会が多く、海外工場の監査では中国、韓国、タイ、ベトナム、インドネシア等のアジアの国々をはじめとしてチリやノルウェーにも出向きます。特に海外の工場は規模が大きく、1000人以上が働く巨大な工場もあります。

 監査で工場に滞在するのは1工場あたり1~2日間程度です。限られた時間の中で、自社で定めたチェック項目に沿って生産ラインや付帯設備、作業マニュアル・記録表等の確認を行います。取り扱う魚種によって管理のポイントが異なり、生食用か加熱用かといった商品区分の違いによっても求められる管理のレベルが異なります。その中でも私が特に注目しているのは、万が一のトラブルの時にきちんと対応できる体制になっているか、ということです。工場の作業では、機械・設備が故障したり、微生物検査結果で基準値超過が発生したりといったトラブルがつきものです。トラブルが発生しないように予防することも重要ですが、万が一発生してしまった場合でも、商品の安全性を保つために適切な対応を迅速に実施できる体制になっていれば安心して生産をお任せすることができます。

 工場を訪問する際には、その工場や働く方々のことをよく知るため、じっくり見て、たくさん質問することを心掛けています。特に海外では言葉や文化が違うため、実際の作業の様子をじっくり観察し、現地スタッフの方にサポートしていただきながらマニュアルや記録表の内容について説明を聞き、実際の手順と合っているか、管理に不足がないか、不具合が見逃されていないかをチェックします。時には、総合的に判断して商品事故発生のリスクが高いため生産をお願いできないという判定をしなくてはいけない場面もあり、責任の大きい仕事だと思っています。私自身、監査でたくさんの工場を訪れましたが、どの工場でも共通しているのは、対応してくださる品質管理部門や生産部門の方々が、1つ1つの質問にとても丁寧に答えてくれるところです。各部門の方々と一緒に確認を進めていき、他の工場でこういう事例があったから気を付けてください、とか、この部分はこういう管理をするとより良いと思いますよ、といった提案をしたときに、前向きに改善してもらえるとやりがいを感じます。

 工場は、何度も訪れている工場でも行くたびに新しい発見があります。今後、生産品目が増えたり、新しい工場との取引きを開始したりということもあると思います。世界中の工場を見ることができる立場を存分に活かして、水産商品の安定供給のために尽力していきたいと考えています。